キャリアコンサルタント国家資格化の背景にも触れており、
キャリアデザイン、キャリアプランの重要性を説いています。
さらに民主党政権時代に「仕分け」されたジョブカード制度。
厚労省はあきらめることなく、キャリアコンサルタント国家資格化
とともに着々と推進しています。意図をもってキャリアを積み上げること、
資格取得など目標を定めて取り組む時代なのです。

「月刊BOSS ONLINE 2016年10月号より抜粋」

かつて、日本企業の定年は55歳だったが、1999年に60歳定年制になり、さらに2013年には「希望者全員を65歳まで雇用すること」を企業に求めた定年延長義務化法案が施行された。この流れは、年金支給開始年齢の引き上げと深く連動している。
「それを補うために、企業が従業員に給料を支払う仕組みを国主導でつくっているわけで、今後、65歳定年制に向かうことは間違いありません。しかも、それで落ち着くことはなく、今後も年金の支給年齢引き上げについては検討が続き、将来、引き上げられるのは確実です」

こう話すのは、「年金博士」ともいわれる社会労務士の北村庄吾さんだ。北村さんが、こう断言するには理由がある。これまで、65歳以上になると新規で雇用保険に加入できなかったが、2017年1月以降は新規で加入することができるようになる。「これまでは65歳になれば年金が受給できるため、働かなくても生活できるからと失業保険は不要とされていました。しかし、今回の措置は今後は働かないと無収入になるため失業保険が必要になるということを意味しています。これは国がさらに年金支給開始年齢を引き上げる準備でもあるのです」(北村さん)
そのうえで、北村さんはその年金引き上げ時期を「2019年あたりに制度改正があり、67〜68歳に引き上げられるだろう」と予測する。