中小企業の人手不足・・・深刻です。
人が集まらない、採用できない、やめてしまう・・・

Yahooは週休3日、○○はペット同伴出勤可(交通費もらえる)、食事は24時間無料などなど大手は、目立つ(PR)やり方が可能です。しかし、投資もかかります。

中小企業はどうしましょう。いずれにしても何かPRしていかないと、人材採用、定着化は時間がかかりそうです。何か始めましょう!投資額は少なく、効果が高いもの、見つけられるはずです。
⇒昼の弁当は無料!
⇒出勤時間に工夫
⇒服装自由+年○回、ファッションボーナス○円支給!

企業の業務内容、職種、採用したい人、定着させたい人がどんなことに魅力を感じるのか、今の会社に魅力を感じているのか、アンケートする方法もあるでしょう。

⇒「中小企業の人材採用、定着化に必要なPR戦略」、
弊社がご支援させていただきます!

************************

10月25日(火)16時28分配信 時事通信

 財務省は25日、全国の企業を対象に実施した人手不足に関する聞き取り調査の結果を発表した。

人手不足を感じていると答えた企業は全体の63.2%に上り、約3社に2社が人材確保の問題に直面している実態が浮き彫りになった。特に中小企業は人手不足との回答が74.7%を占め、より深刻な状況になっている。

調査期間は9月上旬から今月中旬まで。全国の財務局が調査し、1366社が回答した。製造業で人手不足と答えた企業の割合が47.7%だったの対し、非製造業は75.4%を占めた。

人手不足の要因としては、「募集をかけても集まらない」との回答が最も多く、製造業は52.3%、非製造業は71.7%だった。「介護需要が高まる中、供給が追い付かない」(医療・福祉)「長時間、過重労働のイメージがあり敬遠される」(飲食)などと、人材の確保に苦労する声が寄せられた。