日本は34位に後退=ビジネス環境で世銀報告

>日本は「破綻処理」が2位、「電力供給」が15位となったものの、「起業の簡便性」>が89位、「資金調達」が82位、「税支払い」が70位・・・

はい。起業の簡便性が89位、資金調達が82位、うなずけますね。
得意、不得意、知識や経験で差はあると思いますが、なかなか面倒な手続きがたくさんあります。しかし、ここを経験すると=起業家支援が可能になることも事実でしょう。
破綻処理2位・・・=大学へ入るのは難しいが卒業は簡単(な時代がありましたが)という感じでしょうか。頑張りましょう!

************************
10月26日(水)11時33分配信 時事通信

 【ワシントン時事】世界銀行は25日、世界各国・地域の「事業のしやすさ」を評価した2017年版のビジネス環境報告書を発表した。

日本は全体評価で34位と、前年の32位(改定値)から順位を落とした。安倍政権が掲げる「20年までに先進国で3位以内」との目標から遠ざかり、規制改革の遅れが改めて浮き彫りになった。

報告書は各国・地域の起業手続きや資金調達環境、投資家保護など10項目を比較し、ランク付けした。日本は「破綻処理」が2位、「電力供給」が15位となったものの、「起業の簡便性」が89位、「資金調達」が82位、「税支払い」が70位と苦戦。制度の柔軟化が課題と指摘された。